百鬼夜行

高台寺所蔵の百鬼夜行絵巻

九十九神(つくもがみ)といって、道具、建物も草木、自然など
八百万(やおよろず)に九十九歳(永い時間をかけて)まで、歳をとると精霊が宿り、妖怪、お化けとなって真夜中に独りでに動き出す。
物事、自然を大切に扱うとその妖怪は人間のために善行を行うが、粗雑に扱うと、仕返しに来る、何事も大切に愛着をもって扱うようにいう教え。
京都東山の高台寺所蔵の百鬼夜行絵巻柄です。
毎年夏に一般公開されています。

ITEMS

商品一覧
24件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む