書包み(文庫本サイズ)

ご自宅のインテリアとして、 長い通勤時や旅先でのお供として、 お気に入りの一冊をお包み下さい。

室町期に生まれた、書院造の頃より現代まで息づく襖(ふすま)紙、 紗紙でつくったブックカバー。
紗紙は、繰り返し使う度に風合いが増してゆきます。
少し使い込んできたら、和紙を軽く揉んでいただいた後、用紙を伸ばし再度使うと紗紙独特の柔らかな風合いに変化します。
この変化を味わっていただくことも、この商品の楽しみのひとつです。
この素材に使われている紗紙とは、主に襖用に製造され、 その風合いと耐久性がよろこばれ、
昭和期には大量に生産されてきました。
近年の生活様式によって、生産が少なくなってきた味わいのある素材です。 手にした時の独特の肌触りと、眺めた時のやさしい風合い。
「吉兆 書包み」は、お手持ちの文芸書に合わせて折ってお使いいただく 文庫本サイズのブックカバーです。

ITEMS

商品一覧
53件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む